最近、飲料水はお金を出して買うものになりつつあります。特に都心部では安価で便利な水の配達を頼むケースが増えています。その中でも最近注目されているのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーとは、水の配達業者と契約し、契約者が各家庭に設置する機器です。機械の上部に水の入ったボトルを設置して使います。冷水も温水も出るようになっていて、いちいち水を冷やしたり温めたりする必要が無い為各家庭やオフィスに設置しておくと非常に便利です。

ウォーターサーバーの配達業者で扱う水は、大きく分けるとRO水という特殊な浸透膜をろ過して精製する水と、天然水、いわゆるナチュラルミネラルウォーターがあります。業者によって扱う水は異なります。天然水を扱う業者の中には数種類の天然水の中から好みの水を選んで購入する事ができるところもあります。どちらの水がより良いかという事は無く、好みにより選択していただく形になります。

ウォーターサーバーの業者で取り扱うボトルにも種類があります。毎回ボトルが空になるたびに回収してリサイクルして使うリターナブルボトルを扱う業者と、使い切って捨てるワンウェイタイプのボトルを扱う業者です。リターナブルボトルは衛生面やボトルの素材による環境ホルモンの問題なども一時期話題になりましたが、環境ホルモンに関してはまだ医学的な根拠は発見されず、衛生面に関しても現在は業者による企業努力により改善されております。ボトルの種類にせよ、水の種類にせよ最終的には消費者の好みで選ぶという事になります。

水宅配にかかる費用は、サーバーのレンタル料金、メンテナンス料金、毎月の電気料金、配達されるボトルの料金と様々です。電気料金に関しては業者による大きな違いはありません。他の費用に関しては業者によりレンタル料やメンテナンス料が無料なところもあり、その辺りはトータルで比較しながら検討することが望ましいようです。 健康な水は健康な体に繋がります。あなたの好みに応じて上手に水の配達業者を選んでみてください。